LOADING

コンテンツ CONTENTS

6月5日友引 上棟吉日

ふじみ野市亀久保3期現場 木造3階建て無事に上棟致しました。

【2階床組み】

ふじみ野市亀久保3期現場 6月5日に上棟致しました。

弊社では在来軸組工法の住宅を主に建築しております。
壁面材を建て込んでせり上げていく2×4工法とは違い、土台、柱、梁、筋交い等で床や壁面を構成していく建築工法の為、上棟時には構造的に不安定となり、各所にゆがみが発生します。
その為、上棟時には【屋起こし】という器具を使用し、上棟時のゆがみを修正し、垂直をみていきます。

各工務店やハウスメーカーによって既定は異なりますが、一般的に床・壁の傾斜許容範囲は3/1000以内ですので、それ以下に収めるように修正が必要となります。
既定以内になる様ゆがみを修正した後、仮筋交いを設置し構造体全体を固め、本筋交いを入れていく工程の流れとなります。

【小屋組み・棟上げ】

上棟日には仮筋交いまでで終了し、順次構造金物や本筋交いの設置を行っていきます。
当日はトラブルも無く、無事に上棟完了致しました。